アクア用品はチャーム本店がほぼ最安値

水換えの面倒を解消する便利アイテム

こんにちは!てきとうおにいさんです!

日常の水槽管理からは切り離せない水換え。大切だけど、何かと面倒な時がありますよね。でも作業自体はシンプルで、あまり工夫する気にならない水換えの作業。 そんな水換えについてたまにはゆっくり考えてみませんか?

今回は、「なかなか工夫する気にならない」水換えの面倒くささをなるべく解消するため、私が取り入れているアイテムや方法をご紹介します。ご参考程度にどうぞ!  

 

水換えのどこにメスをいれるか?

改めておにいさんの水換えの全体像を俯瞰してみましょう。

やる気がないなら浄水器を使えばいいじゃない☆

みたいなのはナシです!ナシ。観賞魚用浄水器を使わない、あくまで一般的なバケツを用いる水換えの話。非常に簡単な作業の組み合わせで、良い点を伸ばすのはほぼ不可能。負の要素に着目してそれをできるだけ取り除きましょう。

作業をやっていて感じる負の部分は、

排水
プロホースを使ってドドスコと排水します。
水の調整
カルキ抜きや温度合わせなど。カルキ抜きの計量がちょっと手間。
注水
水槽に!ドドスコスコスコLOVE注入!(訳:水槽に水を入れます。) ここの水はねと砂利が舞うのがすごく面倒。

各ステップに点在。今回は、これを一つ一つ潰しましょう。順にご紹介していきます。  

ステップ別便利アイテム

では、ここからは水換えにおける各フェーズの利便性向上アイテムを紹介いたしましょう。(大げさ)

排水編は大したことはないのですっ飛ばしてもらってOKです。

排水編

これに関してはあまり言うことはないです。

悪いことは言いません。まだお持ちでない場合はプロホースを買いましょう!(水作の回し者じゃないよ) しいて言うならばプロホースもサイズによって排水の速さが全然違うので、30㎝キューブ以上の水量の場合はMサイズ以上を買うのがおすすめ。

Sサイズだと管が細すぎて排水が遅いです。Sサイズだと5リットル排水するのに数分かかるので、私もMに変えて正解でした。

右がM、左がS。プロホース全体で一番細くなっている部分。倍ぐらい違う!  

 

プロホースじゃなくてもいいよ!

水の調整編

水の温度を水槽と合わせたり、カルキを抜いたりするアレです、アレ。

中和剤などの調整剤の類の計量と投入が私はすごく嫌で、そこを工夫しています。

結論から言うと、中和剤をポンプボトルに詰め替える。これだけ。私は無印のPET詰め替え容器を使っていますが、250mlタイプだと1プッシュ1mlという超親切設計!

毎回キャップを開けて、キャップで量って~云々。嗚呼、しんきくさい。

でもこれなら必要回数プッシュするだけなので片手でできます。それに中和剤のあのドギツいパッケージとは違って、なんだかおしゃれ。ちょっとアゲぽよ(死語?)ですよね。  

注水編

私が一番面倒だと思うのがこの段階。

注意してやらないと砂利が舞うし、水は飛び散るし。なんでこんなに神経を使わないといけないのか?、と思います。

良くあるのが、水槽に板を浮かべてその上から水を注ぐ方法。確かに砂利は舞い上がらないですが、注いでいる間に板は動くし、結構水が跳ねて飛び散る。却下で。

何とかならないかといろいろと考えて探してみたのですが、個人的にこれが最強でした。

オイルじょうご。

伸縮自在の蛇腹がついているところがミソ。実際の使い方はこんな感じです。

これならば注水時、水も飛び跳ねないし、先端から上向きに放水するので砂利も無傷です。

フックがついているので板みたいにずれることもなく、快適!  

MEMO
ただ、じょうご部分と蛇腹ホースの先が細いので、太い部分まで少しカットして一気に水を注げるようにしています。 また、フックが大きく少しぐらつくので、水槽フタ受け部分にひっかけると安定します。

以上、参考になりましたでしょうか。ちょっとしたアイデア次第で、楽になりますよね。皆さんのお知恵もぜひ聞いてみたいところです。

おわり。

参考 日用品・アクア用品の買い忘れはありませんか?Amazon

2 COMMENTS

アバター Junblog

コメント失礼します。
Junblogです。
Amazonでジョウゴに似た安いフック付きもモノを早速注文しました。
ボトムサンドにしてから、水換えの時砂が舞うのをどうしようかなと考えていたので、参考になりました。
いつもためになります。

てきとうおにいさん てきとうおにいさん

ご訪問&コメントありがとうございます。
細かいのですごく舞い上がりそうですね!ご注文されたのがどのようなアイテムなのか、ブログで拝見できるのを楽しみにしております。

現在コメントは受け付けておりません。