アクア用品はチャーム本店がほぼ最安値

硬くて崩れないおすすめソイル「メダカの焼玉土(黒)」(熱帯魚にも!)

こんにちは。てきとうおにいさんです!

今回新たに立ち上げた45㎝水槽に導入したソイル。その名も「スドー メダカの焼玉土(黒)」。

ソイルとしての特徴はそのままに、硬くて崩れない丈夫さが魅力のアクアリウム用底床材です。メダカとありますが、熱帯魚にももちろんもってこいのソイル。

この記事では、見た目や特徴、機能など使って感じる点をお伝えしていきます!

硬くて丈夫なセラミック系ソイル

まず、なぜ数あるソイルの中からこの土を選んだのか? そこからお話しします。

今回私がソイルを探す条件は次の通りでした。

  1. 色は黒。
  2. 粒径はノーマルタイプ(数ミリ)。
  3. 非栄養系。
  4. 弱酸性にするタイプ。
  5. 固くて壊れにくい。

1~4までを満たすソイルはよくありますが、肝心は5で、ソイルとしての欠点である崩れやすい点をいかに解消してくれるかが決め手でした。

 

ソイルは土を固めたものではありますが、基本的にはメンテナンス時の衝撃や経年劣化で崩れやすいものがほとんど。そんな中で、高温で硬く焼き固められ崩れにくいセラミックのようなソイルがあります。

今回はそのセラミック系のソイルを選択しました。

セラミック系のソイル自体出回っているものは非常に少ないのですが、本記事で紹介する「メダカの焼玉土」以外にもこのような商品があります。

この商品は色が茶色なので、今回は使用しませんでした。

 

メダカの焼玉土(黒)の特徴

さて、 ここからは、ざっくりと特徴をご紹介です。

見た目

皆さんもソイルの色味や大きさって気になるのではないでしょうか。 実際に水槽に入れてみると、このような感じ。

粒は少し大小入り混じっていて、形も球体というよりはいびつで個性があります。

色は基本的に自然な黒さですが、茶色っぽい粒もしばしば。 写真ではかなり茶色に見ますが、黒い粒と茶色い粒の差は肉眼ではあまり気になりません。 粒径は2~3ミリといったところです。

固さ

これは写真ではうまく捉えられないのですが、今回のソイルはなかなかの固さでした。カリカリした感触です。ソイルとセラミックの中間くらいでしょうか。さすがにツメを立てて強く押せば割れましたが、指でつぶしたぐらいではつぶれません。優秀。

何より、ソイルは通常開封時に洗浄しない(洗うと崩れてしまう)ものですが、このソイルは商品パッケージに開封時に洗浄するように指示があります。私も実際にバケツにとって軽く洗ってみましたが、粒は全く崩れることなく原形をとどめているほど丈夫です。

追記
その後半年使用しましたが、全く崩れる気配はなくピンピンしています。

 

弱酸性にする効果

今回期待していたのがこの効果でした。これまで運営していた30㎝水槽では、弱酸性にするために怪しげな実(やしゃぶしの実)に手を出してみたりといろいろと手をこまねいてきました。

やしゃぶしの実のpH下げ1週間チャレンジ!

 

その当時の底床は砂利で、特に弱酸性化の効果があるものではなかったため、水槽水のpHはアルカリに偏っていました。

f:id:aqualog:20181104100652j:plain

やしゃぶしの実を使っても効果がなく、当方の地域の水道水はとほぼ同じ弱アルカリの数値を示すpH7.5~8.0。 

当地域の水道水を計測すると以下のような状態です。↓

 

「メダカの焼玉土」に変えてからはpH下降硬化が目に見えており、底床変更後のpHは弱酸性を示すように!

お っ た ま げ ~

 

見事に下がっているpH。魚もたまげてナナメに。

 

まあそれは冗談なのですが、うちで飼育しているのは、

 

こういうのとか(ラスボラ)、

 

こういうの(テトラ)。 弱酸性が好き(ビオレ)。住みやすい水づくりができれば、それに越したことはないですし、本来の体色が出てくれるといいな~なんてね。

追記
半年経過後もpHは弱酸性を示しており、効果は持続中です。

 

まとめ

栄養系ソイルにゴリゴリこだわる方には選択肢に入らないと思いますが、耐久性がある黒いソイルを探している方には、超おすすめです。

安い、固い、弱酸性! これらがそろった良質ソイルです。「メダカ」と書いてあるので熱帯魚には使わない、みたいな人がもしいるとしたら、ぜひ使ってみたもらいたいですね。

ただ、注意していただきたいのは濁り。 袋にも「微粉末を軽く洗い流してね」との指示がありますが、てきとうにやるとこうなります。しっかり洗った方がいいです。軽くってどのくらいのことを言うんでしょう?

 

そこは、おにいさんイチオシの水作パネルフィルターさんが身を削って解決してくれましたが、

f:id:aqualog:20181110225647j:plain

パネルフィルターのライフはゼロよ! こうならないように、お気を付けくださいませ。 では!

参考 日用品・アクア用品の買い忘れはありませんか?Amazon