買ってよかった、「GEX サイクル(高濃度バクテリア)」(前編)

こんにちは。てきとうおにいさんです!

45㎝水槽に、濾過バクテリアを投入してみました。

水槽は 放っておけば 立ち上がる(川柳)

をこれまで貫いてきたのですが、何となく水槽の透明度が今一つ上がりきらずにもやもや。なーんかすっきりしないのです。

f:id:aqualog:20181124194834j:plain

原因は何なのかは定かではないですが、立ち上げ初期のため濾過が成立しておらずに起きる白濁と推定。

余りの素人判断に科捜研の女にシバかれそうですが、とりあえず、原因の判定は非科学的ではあるものの、対応策には科学のチカラを借りてみることに。

そこで、生まれて初めて硝化バクテリアさんを投入することにしました。 生臭い匂いがまだまだする当水槽。ろ過の立ち上げをしっかりせねばなりません。

白濁の原因と今回の対応

世の中一般的には水槽の白濁には以下の理由が考えられますよね。

  • 微細なゴミが舞っている(ソイルの粉など)
  • 藻類が発生している
  • 微生物が大量発生している
  • 微生物の死骸が大量発生している

正直言ってどれなのかは目で見えないので分からないのですが、ゴミが舞っているのは考えづらい状況。

あるとすれば、水槽の生態系が未完成のため、なんかしらの小さな生物が発生している可能性大。

 そこで今回、倍速でろ過環境を立ち上げるべく、バクテリアの力を借りることに。

フィルターにバクテリアが増えるとバイオフィルムができる→水中の微粒子が粘着され、磨かれた水に! ワンチャンあるで!濾過バクテリアについて

 

濾過に関わるバクテリアにはいろいろありますが、大きなステップとして2段階ありますよね。

1つ目は、エサの食べ残しや、お魚のうんちょこぴっぴなどの有機物をアンモニアなどに分解する「有機物分解」のステップ。

2つ目が、魚に有害なアンモニアを硝酸塩に分解する「硝化」のステップ。

濾過バクテリアというと、硝化に関わる硝化バクテリアのことを思い浮かべがちですが、

f:id:aqualog:20181124195951p:plain

有機物がアンモニアにならないと、硝化バクテリアはすることがない(!)

要は、硝化バクテリアのほかにも有機物を分解してくれるバクテリアがいないと、濾過がうまく回りませんというお話です。

GEX サイクル 高濃度バクテリア

という事で、硝化バクテリアを早速入れてみます。

ここまで書いておいて、「有機物分解バクテリア」は入れないの?と聞かれそうですが、そこは実は某有名なPSBをすでに使っていました。

今回は濾過ステップ2の硝化バクテリアの新規投入をします。

 

類似の製品がいくつもあったのですが、レビューでも高評価で手頃なGEXの製品を選びました。 ちなみに、バクテリア系製品も有機物分解バクテリアのものと硝化バクテリアのものがありますので、お間違え無きようご注意を!

さて、バクテリアっておまじないだよねぇ?

と思いつつも、↓を見ると何やらタダゴトではなさそうな雰囲気

効くかも。

f:id:aqualog:20181124201121j:plain たまたま30ml増量していた。お得やん!

f:id:aqualog:20181124200746j:plain

150mlで600円。

高いんだか安いんだか? 750リットル分なので1リットル1円未満という事で、安いのかな? 投入量はパッケージに書いてあります。

f:id:aqualog:20181124200857j:plain

私の場合「水換え・足し水」なのか「初日」なのかは分かりませんが、 そこはてきとうおにいさん、えいや!で40センチ水槽の「初日」越えの25mlを投入しました

ほぼ無色透明、無臭に近い液体ですが、しろいモロモロがいっぱい入っています。効きそうな感じを醸し出しています。

f:id:aqualog:20181124201624j:plain

わあ、水槽に初雪が降ったよ(錯乱)

f:id:aqualog:20181124201803j:plain

雪が降って喜ぶ子供のように、水槽内に走る躍動感。そして魚たちに食されるしろいモロモロ。

それ大切なモロモロなのよ?

最終的に水流に乗って生き残ったモロモロたちは散っていきましたとさ。

今後の観察

とまあ、ごちゃこちゃと記事を引き延ばしてきましたが、結果については暫く経たないと分かりませんので、引き続き観察してまいります。

飼育水 土のにおいが 完成形(川柳)

を信じてやまない私。 濾過バクテリアから発せられる土のにおいはまだしません。 土の匂いがすることをゴールとし、視覚と嗅覚をうまく使って、効果のほどを体感的に実証していきたいと思います!

つづくー

※追記 水槽が完全に立ち上がった状態で市販バクテリアの投入は避けた方が良いと思います。 既存のバクテリアの邪魔をする可能性が考えられます。 今回私は白濁やカラムナリスの蔓延もあり毎日少しずつ換水しており、ろ過立ち上げが進んでいないため、途中投入しています。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。