アクア用品はチャーム本店がほぼ最安値

ボトルアクアリウム立ち上げ1週間後

こんにちは!てきとうおにいさんです。

ボトルアクアリウム立ち上げから1週間が経ちましたので、立ち上げの進捗確認とメンテナンスを行いました。

1週間の変化

1週間経って、今の様子。

f:id:aqualog:20181222233244j:plain

立ち上げ直後の1週間前の様子は↓の写真。

f:id:aqualog:20181216163047j:plain

あまり変化はありませんね~。

変わったと言えば、マツモが増えてきたぐらいかな?という感じで、他の水草がほとんど伸びない中、マツモ様だけはさすがの生命力。

マツモは水質変化に少し弱く、たま~に一気に溶けてなくなることもありますが、 慣れてしまえばお味噌汁の中でも生きてるんじゃないかという気すらします。

ボトルアクアを置いている部屋は、10度を少し切るぐらい~10度台後半といったところで、普通の水草にはちょっと寒いかなという感じですが。

仕事に出ている平日の昼間は暖房も切っているので、10度あるかどうかぐらいの水温になっていると思います。 ここまで低温だと、水草もあまり成長しないのかねぇ?

生体の様子

導入したアカヒレ5匹はみんな生きています。 1匹ガリガリの子がいて、昨日まではエサをやっても食べずフラフラと泳いでいたので、死んでしまうんじゃないかと思っていました。

f:id:aqualog:20181222234036j:plain

ところが今日になり急にエサをしっかり食べてくれるように。 ほかのやつも数日はエサをエサと認識していなかったようですが、餌を入れるや否や今ではもりもり食べてくれます。

f:id:aqualog:20181222234154j:plain 

朝からの暖房で水温が上がって食べてくれたのかもしれないですね。 他の子も全体的に泳ぎが活発なので、平日は寒かったんでしょうwすまんなww

ミナミヌマエビ5匹は、1匹行き倒れていました。ラムズは2匹とも生きてます。 エビの亡骸。エビはなぜ死ぬと茹でたように赤くなるんでしょうか?

f:id:aqualog:20181222234342j:plain

まだコケも少ないのでエサを与えました。 おなかを掻きながら食事とは横着な!

f:id:aqualog:20181222234452j:plain

水温がやや低く推移してボトル内の活性が上がらない以外は、今の所特に大きな問題は発生していないようです。 エビが1匹死んでしまいましたが、ほかは元気。水質に敏感なエビが大丈夫そうなので大丈夫!(日本語)

水質チェック

エビ元気!ハイOK!はあまりにも雑という事で、水質をチェケラ☆しておきました。

おなじみのテトラの紙ですちちんぷいぷいと心の中で唱え、試験紙に願いを込めて水に浸します。 f:id:aqualog:20181223123405j:plain

亜硝酸はゼロ、硝酸塩は25(換水ライン)という結果になりました。 開始1週間ですが、すでに環境安定?もしくは投入した高性能バクテリアのGEX サイクルのおかげでしょうか? GEX サイクル、マジで本当にすごいかもしれません。

買ってよかった、「GEX サイクル(高濃度バクテリア)」(後編)

硝酸塩が少し蓄積しているので、3分の1くらい換水しました。 ボトルの口が狭いのでお玉で水替え。というかアクアリウムにお玉がまさかのエントリー。

水抜きはおろか、注水時の緩衝にも使えるという高性能アイテム、お玉。

お玉すごい!すごいお玉! あんまりタマタマいうと品がなくなるのでこの辺にしておきますね。

今回は吸着系のソイルを使っているので、pHも低めに出ており、硬度も低く弱酸性の軟水というやつになっているみたい。 若干油膜が出てきてはいますが、今のところ順調なボトルアクアに安心しつつ、今後の成長が楽しみです。

f:id:aqualog:20181223124355j:plain

美しい。。。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。