アクア用品はチャーム本店がほぼ最安値

メダカビオトープに簡易な冬対策を施す

こんにちは!てきとうおにいさんです。

ついに来ました、寒い冬が。 おにいさんは、冬があまり好きではありません。メダカと一緒で寒いと活性が下がります(恒温動物だけど)。

2018年ビオトープの締めくくりとして、「関東の冬」対策をしました。 なんでこんなに寒いのかと思えば、最近私がブログで寒い川柳を連発しているからだろうか・・・。害悪だわ・・。

ビオトープが冬の雰囲気

11月に少し寒さが目立つようになってきましたが、その時に一度ビオトープの記事を書きました。

寒くなってきた、メダカビオトープの現状。

そこからひと月経ち、比較的暖かい関東でも最高気温が10度を切る日も増えてきました。 ビオトープの水温は、

f:id:aqualog:20181216210816j:plain

日中でも5度を下回りました。思った以上に冷え込み。 水草は若干枯れそうな部分がありつつも、ほとんどが何とか秋までの姿を保っていますが、 熱帯性のドワーフフロッグビットは少し枯れてきたようです。

f:id:aqualog:20181216211001j:plain

熱帯の植物なのでもっと早く音を上げるかと思っていたのですが、むしろここまで健闘しているのは意外です。 ロタラも一部の種類ではそろそろアウト。いくつかの種類を植えているため、品種ごとに耐寒性が異なるようです。

f:id:aqualog:20181222154319j:plain

一方で、ウォーターバコパやノチドメはまだ大丈夫そうです。

f:id:aqualog:20181222154440j:plain

f:id:aqualog:20181222154523j:plain

メダカの姿もほとんど見えなくなりました。底でじっとしているのか、はたまたすでに息絶えているのか・・・ あまり掻きまわして探すのも申し訳ないと思っていたら、何匹か姿を見せてくれました。

f:id:aqualog:20181216211216j:plain

黒ラメみゆき。寒くてかなりフラフラとした泳ぎですが、痩せてしまったりはしていません。 一方で、心配なのは黒メダカ。

f:id:aqualog:20181216211348j:plain

いつの間にやらガリガリに・・・。

初めての冬を迎えるメダカの屋外飼育。 無対策でどこまでいけるか検証してみたいという気持ちはありますが、 さすがに心配が勝ってきましたので、一つだけ対策をすることにしました。

「関東の冬」対策

 

気温だけ見れば比較的暖かく、晴れの日も多い関東の冬。

一つだけ特徴をあげるとすると、北風がそれなりに吹くことではないでしょうか。

上京してきた年は、関東は風が強いんだなあ、とコンタクトに挟まる砂ぼこりにイライラしながら思ったものです。

テレビで「からっ風」が吹きすさぶ群馬かどこかの女子高生が 「マジ冬の風ぱねえ!チャリこげねえ!」 と言っていたのが忘れられません。

 

当ビオもその例外ではなく、北に守るものがないベランダのため、すでに12月半ばごろから北風が強く吹きつけ、フロッグビットが何枚か吹き飛ばされるほど。

f:id:aqualog:20181216212446j:plain

そこで、ビオの北側に風よけの板を作ってあげることにしました。 これで吹きすさぶ北風から水草とメダカを守りつつ、氷が張ることも防げると嬉しいなあと思います。

防風板をDIY

今回は、アクリル板を使って防風板を作ることにしました!

f:id:aqualog:20181216213541j:plain

アクリル板、結束バンド、アクリルカッター。

アクリル板はホームセンターで1000円くらいでした。 ベランダのフェンスに適したサイズにアクリルカッターでカットし、アクリル板に穴をあけてベランダのフェンスに括りつけるだけの簡易なもの。 30分もあれば十分工作できました。

f:id:aqualog:20181222154730j:plain

これがどこまで意味があるのかは正直言って分かりませんが、風よけ効果により薄氷が張ってしまう事などは防げるといいなあ。。。

本当はビニールハウスなどで囲ってあげられればいいんですが、 北風が強い日はホンキで強いので、風で吹き飛んでしまったり壊れてしまうと、 周りの民家に迷惑が掛かってしまいそうでしたので、今回はこの程度にしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。