アクア用品はチャーム本店がほぼ最安値

45センチ水槽、始動。

こんにちは。てきとうおにいさんです。

先日完全に勢いで買ってしまった45㎝水槽。 私生活では割と仕事が繁忙期で結構疲れ気味なのですが、アクアリウムにかかれば元気百倍。奮起して水槽台を昨日半DIYし、受け入れ準備は万端です。

お財布と首にやさしい激アツ水槽台

早速セットしていきます。

f:id:aqualog:20181104193351j:plain

昨日作った水槽台に置いてみました。しっかり余裕がありますね。 お風呂場でじゃぶじゃぶ洗浄し、後ろにバックスクリーンを貼付。 写真撮り忘れましたが相変わらずめんどい。 今回は、すりガラス風のモノをチョイス。

f:id:aqualog:20181104193350j:plain

底床はこれにしました。 水質を弱酸性にしてくれるらしく、しかも硬くてつぶれにくい!(らしい) 当方、アルカリ環境に悩んでいましたので、期待にお胸が膨らみます。

いろいろと探しましたが、色と粒の具合、値段、崩れにくさを考えるとこれがベストの選択だったかと思います。 「微粉末がついているので軽く洗ってください」 とのパッケージのイントロダクションに従い、蛇口の水流だけで簡単に洗ってみました。

かなり黒く濁り、大量の微粉末がついている模様。 しかしここで持ち前のてきとうな性格を発揮し、 まあ濁りなんぞどうにでもなるだろうと洗浄もそこそこに水槽にセット。 水を注ぎます。

f:id:aqualog:20181104193354j:plain

これはやってしまってますかね。まっすぃろです。 水槽の真ん中にクレーターができるほど勢いよく水を注いだからでしょうか。 ユカタン半島級のこのくぼみは生体を入れる時に整えることに。

ソイルは3.5リットル投入して3センチ強の厚さに。 とりあえず、先を急ぐので今回も引き続き使用予定のパネルフィルターを回して様子を見てみます。

f:id:aqualog:20181104193355j:plain

圧倒的に非力な感じですが・・・。 濁りは気づかなかったことにして、水を作るため、パイロットとして既存の30㎝水槽からピンクラムズを1匹お引越し。

f:id:aqualog:20181104193358j:plain

どう考えても有機物のほとんどない状況ですので、飢え死にしないか少し心配ですが、しばらく頑張ってもらいます。 ついでに30㎝水槽から種水を少量拝借。 念のため、フィルターのろ材も既存から1枚持ってきました。

f:id:aqualog:20181104193405j:plain

き、きたねえ・・・。 現水槽から撤去する際にろ材から「アンモニア臭」のようなかほりがしたような気がしますが、とりあえず何事もなく続行です。 バイオフィルムが発生している分、ソイルの微粉末をよりからめとってくれそうな予感。

そんなこんなでおよそ1時間経過しました。

f:id:aqualog:20181104193400j:plain

若干クリアになりました。 とりあえず、生体投入は来週末になりそうです。 明日から仕事で2日間家を空けるので若干心配ですが、 ラムズ氏にはがんばってもらいましょう! つづくー

a.r10.to

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。