15年越しのヘテロモルファ・ブルー

こんにちは。てきとうおにいさんです! お魚を水槽に導入しました! 大変コーフンしております。 今回導入したのは、おにいさん一押しのラスボラヘテロモルファ・ブルー。 興奮のあまり当記事はほぼ写真集化しております。 DSC_1232 (2) これぞ美魚! あれは私が小学生だったころー ボロボロになるほど読み倒した熱帯魚図鑑に載っていた、「ラスボラヘテロモルファ」。 なぜか直感的にその魚に並々ならぬ魅力を感じたのはそのページを見たとき。 そこから長い歳月を経て先日とあるショップに行った際、衝撃を受けたのが今回のブルー。 その時歴史が動いた。。。 ふ、ふつくしい・・・ 数日悩みましたが、急激な心変わりをして、ブルーを飼うことに。 興奮冷めやらぬままお持ち帰りし、我を忘れて水合わせ。 DSC_1071 袋がでかすぎて流木&水草を蹂躙。 (小型水槽あるある) その後、いつもやらない点適法でじっくり水合わせをするなどのエクストリーム過保護を発揮し、鼻息荒いまま水槽に導入しました。 導入直後の様子。 DSC_1102 やくどうかん。 ランプアイにも全く悪さをしません。さすが優秀ざます。 DSC_1103 まだ少し体色が薄い子も。輸送のストレス? DSC_1109 角度によって変わる光沢。 ぐはあ・・・(^q^) sugoi ! SUGOI !! 当水槽は照明を紫系に寄せているので、映える映える。まるで宝石のようです。 ここまでの写真はカメラの色温度の関係で実物よりも紫がかって見えていますが、肉眼では、 DSC_0036 (2) 大体こんな感じです。 DSC_0037 (2) キリッ! なんか鮭みたいww うまく撮れませんが、頭部(脳天)は金色です。 金箔ごり押しの金沢のお土産屋に鎮座していそうなぐらい、金です。 DSC_0093 (2) 紫、緑の中にハニグラさんの黄色が映えますねえ。 (ランプアイもお忘れなきよう) どアップ。 DSC_0052 (2) 昨日色が薄かった子もだいぶ濃くなりました。 うっすら「バチ」模様の名残が見えます。 はあ・・・なんて美しいんでしょう・・・ あまりの美しさに、アフリカンランプアイが無かったことになりかけていますが、 派手目なこの子とハニグラに対し、爽やかな水色を添える重要性が増しております。 今年イチくらい大満足な状態なので、大切に飼い込んでいきたいと思います。 「じゃくさんせいの水をがんばって作る!」 (熱帯魚)ヘテロモルファ・ブルーネオン(3匹) 北海道・九州航空便要保温
(熱帯魚)ヘテロモルファ・ブルーネオン(3匹) 北海道・九州航空便要保温

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。