水作パネルフィルターのその後

※2018/12/9追記 パネルフィルターの詳細レビュー書きました。 www.tekito-aqua.com ーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは。てきとうおにいさんです! 2週間前に水作スペースパワーフィットとさよならし、 水作パネルフィルター単独運転となった30センチ水槽。 (さよならの日のパネルフィルター) f:id:aqualog:20181104101132j:plain 欲しいだけ濾過ユニットを増結できるという嬉しいカスタマイズ性を装備しているため、元々運転していた2枚のユニットに加え、この日真ん中に新ユニットを増結していました。 初々しすぎる白さ。 それから1週間が経過し、 f:id:aqualog:20181104100545j:plain 徐々に世の中(水槽)の何たるかに染まり始め、 そして、そこからさらに1週間が経過し、設置から2週間経過した本日。 f:id:aqualog:20181104100950j:plain ほとんど先輩と同じ色に。茶色くなってからが本領発揮!2週間で順調にバクテリアが繁殖したみたいです。 それと同時に発生してきたのが、緑の藻。 透明なろ材ケースでよく光が当たるからか、光が当たる部分が緑色になってきました。 そこで設置から1か月経った先輩ろ材2つの様子見もかねて、ろ材を飼育水で洗浄することに。 f:id:aqualog:20181104100614j:plain 確かに上の方は光に近いせいかコケが生えていますが、思ってたよりは生えていませんでした。 どちらかというと本体のろ材ケースの裏側に蔓延っていました。 ろ材自体は洗ってもほとんど汚れが出てこず。バクテリアが繁殖し茶色くなっているだけのようです。 フィルターの構造上このマットでは物理ろ過はほぼ機能しませんので、当たり前と言えば当たり前です。 洗浄後再度セット。 f:id:aqualog:20181104100346j:plain 真ん中以外のユニットを洗ったのですが、正直あまり見た目は変わりません。もともと余計な汚れはついていなかったからです。 目詰まりもほぼしていないよう。洗浄ペースは1か月以上でも余裕そうです。 (ちなみひ本体に生えた緑の藻は面倒だったので掃除しませんでしたw) ところでパネルフィルター のレビューをすると言ってなかなかやっていなくて申し訳ないです。 肝心のパネルフィルターの能力はというと、 亜硝酸は検出なし、硝酸塩はわずかに検出 という状態が続いており、2週間の換水無しには余裕で耐えうる力があります。 能力も実証されてきたところで次回このネタを上げる際にはレビューしようと思います(たぶん) 水作 パネルフィルターW エアリフト式水中フィルター 関東当日便
水作 パネルフィルターW エアリフト式水中フィルター 関東当日便

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。