夏を越えたベランダビオトープ

8月頭ごろに設置して、約2か月が経ったベランダビオ。 元々はスイレンを栽培したい!という動機から開始したものの 様々なドラマを経て水草水上栽培+メダカ飼育目的に変貌を遂げています。 スイレンは跡形もなく枯れ去った今の姿。 f:id:aquamemomemo:20180929123426j:plain 西向きのベランダでは直射日光が2時間ほどしか当たらないため、 スイレンにはちっとばかし過酷だったようです。 今夏の過酷な猛暑を乗り切った 黒ラメみゆきメダカ3匹が生き残っています。 f:id:aquamemomemo:20180929123421j:plain 手が写っちゃった。 元々はほかにも通常のみゆきメダカも5匹の計8匹でしたが、黒ラメだけ全部残る結果に。別々のショップで購入したのですが、なんとなく感じていたショップの生体管理のスキル差が如実に表れている気がしました・・・。 が、生き残りの勇者たちは今もすくすくと成長し、一回り大きくなったように感じます。 一方でなかなか調子の悪い水草f:id:aquamemomemo:20180929123440j:plain 8月は毎週9割を間引かないと水面を覆いつくして大変だったドワーフフロッグビットも、9月下旬の悪天候続きにより黄緑に退色し枯れ始め、3週間放置しても全く水面を覆いつくす気配なしw やっぱり暑い地方の植物には最近の肌寒さは応えるのだろうか。 他にもロタラやホシクサも鉢植えにして沈めていますが今一つ調子が出ず、 水草の難しさを感じています。 設置からしばらくたち、メダカたちには問題なさそうな環境が出来上がっているようなので、最後の換水から3週間は放置しています。最終的にはほぼ無換水を目指しています。 念のため水質チェック。 f:id:aquamemomemo:20180929123444j:plain 硝酸塩、亜硝酸は問題なさそうですが、phがだいぶ下がってきています。 メダカは元気そうなのでとりあえず換水はせず、しばらく様子を見てみることにします。 酸性化防止とバクテリア定着用にとおまじないとしてチャームで購入した「ばくだま」ちゃんですが投入量が少ないのか?やや力不足なようです。 www.shopping-charm.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。