アクア用品はチャーム本店がほぼ最安値

水槽のフタをあつらえる(前編)

30センチ水槽のフタです。 水槽を買うとセットでついてくるあのガラスフタ。 f:id:aquamemomemo:20180929175118p:plain 極度の面倒くさがりの私は、水槽にはなるべくフタをしたくないのですが、 (メンテナンス時に外すのが面倒なので) ・くさい ・エアレーションすると飼育水が飛び散る(汚いw) 地震で水漏れしやすい の3重苦。 くさいものにはやはりフタは必要なようです! 仕方がないのでフタなんぞ付属のもので良いかと設置してみると、それはそれでハンドリングに苦労するわけです。どんな苦労かというと、 ①割れそうで取り扱い時にひやひやする(そして割った時にややこしい) ②コードやホースを通すスペースが思い通りにいかない ③隙間が多すぎる フタをしてまでも3重苦に・・・! 自分に合ったものを諦めて買うしかないかと、ネット上の市販品にもなかなか良いものが見つからず。 ついにわたくし、数日間ああでもないこうでもないと悩んでいましたら、気が付いたのです。 作ればいいやん(ひらめき) ということで、水槽のフタを作ってみることに。 早速ググってみたところ、出るわ出るわ、同じようなお悩みピーポーが。 たかがフタ、されどフタ。お悩みの先輩方のご意見を見てみると、 どうも「樹脂製のモノを自分で作るか、加工屋にセミオーダーするとよいらしいわよ。」 だそうなので、迷わず外注することにしました。(自分では作らない) 「水槽 フタ プラスチック」で調べると一番上に出てきたので 下のサイトで注文してみました。他にもこの手のお店は存在するみたいです。 www.acry-ya.com 早速寸法と角の三角カットなどの製作条件をWEB上で入力し、お見積り。 およそ¥2,600なり~。 ・・・や、安い・・。 30センチ水槽なら、2000円くらいから注文できるようです。 角のカットやRカット、ホースを引くための切り欠きなども 自由にカスタマイズができます。 ※カスタマイズしまくると高くなるので要注意 市販品よりはだいぶ値段は上がりますが、 フタ一つに長い間悩むくらいならば、オーダーするのも良いと思いました。 さて、長くなりすぎたので続きは後編で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。